北京で最高気温が今年初の摂氏35度超え…1970年代から年々早まる傾向が顕著

・気象情報を提供する中国天気網によれば、北京市大興区内にある南郊観象台で3日午後1時33分、摂氏35.1度の気温を観測する。
・北京で摂氏35度を超える最高気温の初めて観測する日は平年で6月10日で、今年は7日早かった。
・初めて摂氏35度を超えた日には年によるばらつきが大きいが、1971年以降には早まる傾向が堅調
・1970年代は平均して6月下旬、80~90年代は6月中旬、2001年以降は6月上旬になった。
(注:北京では梅雨がない関係で、6月になると気温が急速に高まることが一般的)

ソース:
http://www.chinanews.com/sh/2020/06-03/9202207.shtml#zw_cyhd