高速鉄道利用の宅配便サービス、全国505都市をネットワーク=中国

中国政府・交通運輸部は28日、高速鉄道を利用した宅配便サービスが、すでに全国505都市をカバーするようになったと発表した。

鉄道事業を担当する国有企業の中国鉄路総公司の傘下である中鉄快運が高速鉄道網を利用した宅配便業務を担当している。

高速鉄道という資源を利用することにより、スピーディで質が高く、全天候型の運送サービスを展開中と強調。扱っている品は書類や生物意訳、冷凍・冷蔵食品など。発送してから「当日着」、「翌朝着」、「翌日中着」、「2日後着」などのサービスがある。

中国の高速鉄道網はすでに総延長2万キロメートルを突破した。そのため、高速鉄道を利用した宅配便サービスも、全国505都市を結ぶことが可能になったという。

同サービスはまだ「試行段階」というが、「物流市場のニーズを満たし、物流コストを低減させる」という国家による要求に応じていくという。(編集担当:如月隼人)

【関連】
国の高速鉄道、1年間だけで日本の「新幹線の総延長」を上回る距離を建設
ディーゼル機関車が高速鉄道列車を牽引 台風で電力供給がストップ


Posted by 如月隼人