雑感:大発見をしてしまった、ニーチェは天才バカボンのパパだった

とにかく乱読しています。最近になって「これは興味深い」と感じ入った本の1冊に『これがニーチェだ』(永井均著、講談社現代新書)があります。

この本の特徴は、哲学者として、ニーチェの問題点を指摘しつつ、その魅力を論じていることでしょうか。私は自分について文章を読むのが相当に早い方だと自負しています。ただ、速読の一方では、いい加減な読み方をする。

だから、メールなんかをいただいた際、「大まかな印象」しか読み取っておらず、後で「私の伝えたことを、いい加減に受け止めている」なんて、お叱りを受けることも多い。

ということで、「これは内容がある」と思った本は2度読み、場合によっては3度読みします。『これがニーチェだ』は、2度読みの最中です。

この本の特徴のひとつは、ニーチェの思想の変転を、しっかりと押さえていること。最初は世間的な道徳への懐疑と批判から始まった。「道徳」というものの実情を徹底的に批判。ニーチェはもともと「極めて道徳的」な人物だったので、自分自身への強烈な批判の面があると考えます。

そして、終盤の永遠回帰」の思想。「今の人生は、それが終わっても、再び繰り返される。幸せも苦しみも、まったく同じに無限回、繰り返される。その、いやでも繰り返される人生を莞爾として肯定できるか。真に強く、高貴な者ならば、率直に肯定する」との思想です(私の拙い理解によれば)。

もちろん「現実に、ただ流されろ」と説いているのではありません。認められないこと、許せないこととは、徹底的に対決した上で、「現実に起こったことに対しては、限りないYESの心を持って臨め」ということです。

さらに言えば、実際には実現しない、さまざまな理屈をひねって現実にはありえない「理想」を作り出し、それを自分のよりどころとすることは病的な考え方との強い主張があります。現実のすべてを認めてそれを肯定してこそ、命の本来の力を発揮することにつながるとの主張でした。そうでなければ、病的にうじうじと考え込んでばかりいる病的な精神になってしまう。

「ううむ、なるほどなあ」と感服しているとき、本当に偶然なのですけれども、漫画家の赤塚不二夫さんの葬儀での、タモリの弔辞の全文を記載しているページを見つけました。一読して驚愕してしまった。該当部分を引用します。

 

“あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち、「これでいいのだ」と”(<https://matome.naver.jp/odai/2134292632965904001>より)

 

 

ううむ。なるほどお。海より深く納得してしまった。ニーチェは天才バカボンのパパだった。そうだなあ。ここ数カ月では最大の発見でありました。

 


Posted by 如月隼人