上海市でJTBが中国人向け海外旅行販売を開始

 JTBは19日、同社グループが上海市に設置した現地法人が、中国人を対象とする海外(香港、マカオ、台湾を含む)旅行業務の取り扱い認可を受けたと発表した。

 JTBは上海市浦東新区に設置された中国(上海)自由貿易試験区における規制緩和の方向性にかんがみ、同区において2014年8月に上海佳途国際旅行社を設立、同年12月に営業を開始した。上海佳途国際旅行社はこのほど、現地当局から中国人を対象とする海外旅行業務の取り扱いの認可を受けたという。

 実際の業務開始は、上海市旅遊局選定の電子契約締結、団体査証電子登録の書記登録などの手続きを完了した、17年1月1日以降になる見通し。

 JTBグループの中国現地法人で、中国人を顧客対象とする海外旅行販売が可能になったのは11年に認可を受けた北京の交通公社新紀元国際旅行社(JTB新紀元)に続き2社目。上海の外資系企業で同業務が認められたのは初めて。(編集担当:如月隼人)