慰安婦問題「少女の像」、中国政府は自国での設置を否定せず

中国政府・外交部(中国外務省)の耿爽報道官は6日の定例記者会見で、中国には自国で慰安婦問題を象徴する「少女の像」を立てる考えがあるのかどうかとの質問に対して、明確な回答を示さなかった。

日本政府は6日、韓国・釜山の日本領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことへの対抗として、長嶺駐韓国大使および森本在釜山総領事の一時帰国などを決めた。

中国・外交部が6日に開催した定例記者会見では記者側から「中国には自国に(少女像)と類似の彫刻を設置する考えがあるのか?」との質問が出た。

耿報道官は「われわれは関連報道に注目している。強制された慰安婦は日本軍国主義が第二次世界大戦期に犯した反人類の罪だ。われわれは一貫して、日本側に歴史を正視し、深く反省するよう促してきた。日本側がアジアの隣国と国際社会の関心を正視し、責任ある態度で関連する問題を適切に処理するよう希望してきた」と述べ、自国内における「少女像設置」の可能性について明確な回答を示さなかった。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
中国政府、慰安婦問題の世界遺産登録を支持 「台湾絡み」の政略の可能性も
台湾首相、慰安婦問題で「自発的、強制されたどちらのケースもあった」