中国の2016年海外旅行者は日本総人口に匹敵する1億2200万人

中国メディアの中国新聞社によると、中国政府・国家旅遊局(国家観光局)と中国旅遊研究院はこのほど、2016年における中国人海外旅行の実態をまとめたリポートを発表した。同年に海外に出た中国人は前年比4.3%増の延べ1億2200万人だった。日本16年12月1日現在の概算総人口1億2692万人に匹敵する中国人が国境の外に足を運んだことになる。

同年に中国人が海外で使った金額は合計1098億ドル(約12兆5000億円)で、1人当たりでは900ドル(約12兆5000億円)。海外旅行をした中国人は旅行全体の3%にすぎないが、消費した金額は16%に達した。

中国人が金を使った国の順位はタイ、日本、韓国、米国、モルディブ、インドネシア、シンガポール、オーストラリア、イタリア、マレーシアの順。都市順ではソウル、バンコク、東京、オーストリア、シンガポールだった。

海外旅行をした人の性別は、女性が56%、男性が44%だった。(編集担当:如月隼人)

 【関連】
上海市でJTBが中国人向け海外旅行販売を開始
タイ国王が死去、中国政府が自国民旅行者に注意呼びかけ「服喪の習慣を遵守せよ」