成田空港で旅客数合計・国際線外国人客数ともに3年連続で最高値更新=2016年実績

成田国際空港は26日、2016年の運用状況を発表した。旅客数合計は3年連続で過去最高値を更新して初めて3900万人を超えた。国際線外国人客数も3年連続で過去最高値を更新し始めて1300万人を超えた。

航空機発着回数は前年比5%増の24万3474回で、5年連続で最高値を更新。うち国際線は深セン航空、LOTポーランド航空、四川航空など新規就航が9社あり、韓国、香港、台湾などアジアを中心に新規路線開設や増便が相次ぎ、前年比6%増の19万2104回と2年連続で最高値を更新。国内線でも0.3%増の5万1370回と最高値を2年ぶりに更新した。

旅客数は全体で前年比5%増の3905万3652人と3年連続で最高値を更新し、初めて3900万人を超えた。

うち国際線利用の外国人客は韓国、香港、台湾などアジアを中心に旅客が増加して前年比11%増の1392万866人で、3年連続して最高値を更新して初めて1300万人を突破した。国内線利用客も7年連続の増加で初めて700万人を超えて前年比4%増の700万4576人になった。(編集担当:如月隼人)

 【関連】
台風で飛行場に大被害 旅客機吹き飛ばされ、管制塔もズタボロに=アモイ
雑記:<外国人ガッカリ!日本の鉄道「期待外れ」10選>について