ホンダの2016年四輪車生産 世界で最も伸びたのは中国、前年比25.9%増

本田技研工業は30日、2016年における四輪車の販売実績などを発表した。生産台数で最も伸びたのは中国で、前年比25.9%増の120万9400台だった。中国での生産は4年連続増で過去最高だった。

アジア全体では116.9%の190万885台だった。北米は5.0%増の195万6156台で、うち米国は1.6%増の129万52台だった。欧州は12.6%増の13万3875台、海外生産全体では9.6%増の417万9040台だった。アジア、北米、欧州ともに過去最高だった。

国内生産は12.3%増の82万226台で、2年ぶり増だった。(編集担当:如月隼人)

 【関連】
成田空港で旅客数合計・国際線外国人客数ともに3年連続で最高値更新=2016年実績
上海市でJTBが中国人向け海外旅行販売を開始