今年も来ました「北京ビキニ」の季節、人目はばからぬ露出に中国メディアが嘆息

2017年6月9日

暑い季節がやって来た。中国では梅雨が訪れないか影響をほとんど受けない地域が大部分だ。そんなわけで、気温は上がりに上がる。暑い。たまらない。そんなときに中国人男性は知恵を使う。上衣のくるりと巻き上げて、腹部を露出。中国メディアは「北京ビキニ」と呼ばれていると嘆息した。

悠久の歴史にもとづく生活の知恵かもしれない。人に迷惑をかけているわけではない。しかし見てくれのよいものではない。中国メディアは「最近になり、外国で『北京ビキニ』と呼ばれている」などと憂慮した。

中国国内だけならまだしも、最近はニューヨーク博物館でもロンドンのバッキンガム宮殿周辺でも、中国人男性による「北京ビキニ」が出没しているという。

一方で、中国にいる外国人男性がおもしろがって「北京ビキニ」を体験する現象もあるとう。

中国メディアは「個人の着想の自由と公共の場所の儀礼の間には、不明瞭な1本の線がある」と主張。「この程度なら大丈夫だろう」と思っても、その線を踏み越えている場合があると示唆した。(編集担当:如月隼人)

【関連】
香港旅行の中国人、所かまわずテントで宿営・・・香港人あきれて「まるで難民キャンプ」
もみ合い・蹴りあい・殴り合い、服引きちぎり馬乗り乱打、若い女性が公衆の面前で壮絶バトル=北京

社会

Posted by 如月隼人