中国人女性4人が溺れる タイ・プーケットの海水浴場、遊泳禁止と呼びかける監視員を無視

中国メディアの新浪網はタイのメディアの報道を総合して、中国人女性4人が12日、タイのプーケット県の海水浴場で溺れたと伝えた。警告を受けたにもかかわらず遊泳禁止域に出たところを、大波に襲われた。4人は救助されたが1人は重傷という。

海水浴が認められている水域は水面の上に赤い旗を並べて囲われていた。4人は旗を無視して外に出た。監視員から何度も警告されたが聞き入れなかったという。

10分ほどして大波が押し寄せ、水面から4人の姿が消えた。監視員は4人が心配だったため緊張して注視しつづけていたので、異変にすぐに気づき、救助に向かった。

4人とも生命の危険はないが1人は重傷という。(編集担当:如月隼人)

【関連】
香港旅行の中国人、所かまわずテントで宿営・・・香港人あきれて「まるで難民キャンプ」
中国人旅行者が台湾でサンゴの違法採取、自国政府の「ブラックリスト」入り