中国で「唐辛子味アイス」が評判に 「最初は甘いがやがて火を噴く」「鬼畜の味だ」

中国で「唐辛子味アイス」が評判になっている。SNSで話題になり、次いで各地のメディアも取り上げ始めた。

唐辛子味アイスを賞味したとの情報は北京市、上海市、山東省、湖北省、浙江省、広西チワン族自治区など各地から寄せられている。関心が全国的に広がりつつあるようだ。

実際に食べたとするネット民からは「上側にはチョコレート、下にはクリーム。口に入れると甘い。でも飲み込むと喉が突然火を噴く」、「サイケデリックで鬼畜な味。食べて頭がくらくらした。多くは語るまい。ご自分で体験してください」などの声が寄せられている。

今のところ、紹介されているのはタイからの輸入品とされる商品。包装にはローマ字の「POON MA NEE」、中国語の「辣椒口味雪糕(唐辛子味アイス)」以外に、タイ文字も表示されている。

大手ポータルサイトの捜狐は4月24日時点で、山東省からの情報として「タイのアイスが買えるようになった」と紹介。マンゴー味、イチゴ味、濃厚ヨーグルト味、ココナッツ味のような比較的「穏便」な商品に交えて、唐辛子味などの商品も紹介した。

唐辛子アイスの味をストレートに評価する記事は見当たらないが、中国新聞社は冷たい飲食品の「ダークホース」になる可能性があると主張。食品業界の専門家によると、中国のアイス類の風味別売上高はバニラ、イチゴ、チョコレート、ミルクが上位4位を占めている。その他の「変わりダネ」も毎年出現するが多くの場合「試してみよう」と思う一部の消費者を引き付けるだけに終わっている。

ただし、最初は「変わりダネ」であっても、消費者が徐々に慣れ親しむ現象が発生する場合もある。代表的な例は「ヨーグルト味」で、2014年からシェアを伸ばしている。また、「ドリアン味」も認知されつつあり、商品が増えているという。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
ローソン・ゴディバ共同開発のケーキに台湾人も飛びついた 「日本で買おう、それっ」
鼻水止まらない、なんか甘い・・・診察した医師「脳漿が漏れてます」と宣告


社会

Posted by 如月隼人