四川の山崩れ、行方不明は118人 遺体15体を収容、生命反応は探知できず

四川省ガパ・チベット族チャン族自治州茂県に24日午前5時38分(日本時間同日午前6時38分)、大規模な山崩れが発生した。現場の救助隊は同日深夜に記者会見を行い、午後11時の段階で行方不明者は118人と発表した。新華社よると同日午後10時までに15体の遺体が収用された。生命反応は探知されていない。

24日午後5時ごろには、現場を取材する記者が生き埋めになっている女性と電話が通じ、救助隊が励ましながら作業を急いでいると報じたが、その後、電話をしていたとみられる女性は遺体で発見された。同じ場所から女性の夫と見られる男性の遺体も発見された。被災現場で、その他の生命反応は見つかっていないという。

中国メディアの中国新聞社によると、鉄道建設会社の関係者も一時、救助活動に加わった。しかし24日午後8時20分ごろ、再び山崩れが発生。負傷者などの発生は伝えられていないが、武装警察や消防など専門の人員と重機の操作に必要な人員を除いて、撤収することになった。

25日朝には、重機訳50台を投入して約3200人が救助作業を展開している。

行方不明者は一時、141人とされていた。(編集担当:如月隼人)

【関連】
四川省の山崩れ、行方不明は141人・・・生き埋めの女性と電話通じる、励ましながら救助作業急ぐ
山道を走行中のバス運転士、小石の落下などに気づき急停車・バック 1分後に山崩れ=中国


社会

Posted by 如月隼人