深セン市地下鉄が女性優先車両を導入、ただし混雑時には男性の乗車も可

広東省の地元紙、広州日報によると同省深セン市地下鉄が26日、女性優先車両を導入した。ただし初日の状況は、それほど徹底されていなかった。地下鉄側は、混雑時には男性も女性優先車両利用をしてよいとの考えを示した。

女性優先車両は省政府に対する助言組織の正確を持つ、省政治協商会議の蘇忠陽委員が3月に提案したことがきっかけで実現した。同市地下鉄の1、3、4、5線の先頭と最後尾車両を女性優先車両とした。

女性優先車両の導入の背景には痴漢被害があった。蘇委員によると、回答の81.9%が「地下鉄でセクハラが発生している」、21.6%が「地下鉄内ではセクハラが多発している」との見方を示した案―ケー調査もあるという。

広州日報によると、26日に地下鉄利用者8人に対して女性優先車両導入について尋ねたところ、女性3人と男性1人がはっきりと賛成、女性2人は「専用車両でなく優先車両にすぎないので、あまり意味はない」と答えた。男性2人は反対で、「ラッシュ時の混雑をひどくしかねかいから」の理由だった。

広州日報の記者は26日午前11時ごろ、地下鉄3号線に乗車してみた。すでにラッシュ時は過ぎた時間帯だが、女性優先車両にも男性が多く乗っていた。

地下鉄側は、ラッシュ時に駅の女性優先車両停止位置に職員を配置して男性利用者の協力を求めている。ただし、混雑が激しい場合には輸送効率の向上のため、男性利用者が女性優先車両を利用することを認める。

広州日報によると、月曜から金曜まで地下鉄を利用している28歳の女性は、「混雑する車内で痴漢と思われる行為をされることは本当に我慢できない」と話したと。女性優先車両を導入したことは評価するが「できたら専用車両にしてほしい」と述べたという。

その他にも、ラッシュ時における地下鉄の混雑はとりわけひどいとして「乗れただけでも上出来だ。女性優先を気にする人はいない」との考えを示した人もいたという。(編集担当:如月隼人)

【関連】
痴撃退用の防犯ブザーもスプレーも「安全上の理由」で地下鉄には持ち込み禁止・・・疑問の声も=南京
女子社員は始業時に社長と「口づけ」せねばならない・・・北京の会社に「仰天」の社則?=中国メディア


Posted by 如月隼人