道路陥没、調べてみたら路面下に大きな空洞が存在=北京

北京市メディアの新京報によると、同志朝陽区内の道路で7月5日午前、直径1メートルほどの陥没が発生した。補修作業を始めたところ、地下に大きな空洞が存在することが分かり、周囲の舗装が取り除かれるなどで穴の直径は10メートルほどになった。深さは1、2メートルほど。

作業関係者によると、穴が開いた原因は地面の陥没、雨水の滲出、土が十分に固められていなかったなどが考えられるという。同陥没でけが人は出なかった。(編集担当:如月隼人)

 

※その他の「7月の陥没ダイジェスト」はこちらもごらんください。