天津市でも道路陥没、市当局が夜までには補修完了

天津市メディアの北方網によると、同市内の咸陽路と芥園西道の交差点で7月8日昼ごろ、直径約2メートルにわたり路面が陥没した。陥没個所は道路中央部分で、警察官が警告板を置いて車両が乗り入れないように注意を促した。穴の深さは約1.8メートルで、市当局が午後11時ごろまでに補修を終えた。(編集担当:如月隼人)

 

※その他の「7月の陥没ダイジェスト」はこちらもごらんください。