道路交差点で道路陥没、バス会社が迂回を発表して利用者に注意呼びかけ

北京市メディアの新京報によると、北京市内のバス会社である北京公交集団は7月10日、朝陽区百子湾南一路と石門東路の交差点で陥没が発生したため、同社が運行させている439路、31路、専71路のバスを迂回させて運行すると発表し、利用者に注意を呼びかけた。(編集担当:如月隼人)

 

※その他の「7月の陥没ダイジェスト」はこちらもごらんください。