補修中の小さな陥没孔が突然拡大、汚水管からの漏れで地下に大空洞=北京

千龍網などによると、北京市三環路の聯想橋付近で7月24日午前7時ごろ、前日から補修作業をしていた比較的小さな陥没の穴が突然、広がった。1車線を占めるほどの大きさになり、深さは3、4メートになった。作業関係者によると、地下に敷設されていた汚水管からの漏れで、土砂が大量に押し流されていたという。(編集担当:如月隼人)

 

 

※その他の「7月の陥没ダイジェスト」はこちらもごらんください。