台風13号、広東・広西に大被害・・・死者16人、マカオの気象局長が引責辞任

23日に広東省珠海市で中国大陸に上陸した台風13号は、広東省と広西チワン自治区に大きな被害をもたらした。同台風による死者は24日正午ごろまでに16人が確認された。マカオでは台風警報について不備があったとの市民からの批判を受け、馮瑞権気象局長が辞任した。

 

 

 

台風13号による死者は、広東省珠海市で4人、同中山市で3人、同江門市で1人、マカオで8人。マカオでの死者は地下駐車場の水没や倒れた壁によるもの。また高層住宅の窓ガラスが割れて地上に降り注いだり、窓枠ごと吹飛んで駐車中の自動車のボディーに突き刺さったりした。

台風は中国南部を西に進み、24日夜には雲南省とベトナムの国境地帯で熱帯性低気圧になったと見られる。(編集担当:如月隼人)

【関連】
暴風で倒れた街路樹撤去中のクレーン車、路面が陥没し穴に転落=陝西・西安

豪雨のさなかに道路に大穴、自動車2台が転落=遼寧・瀋陽