釧路で遺体で発見された女性、行方不明の危秋潔さんと判明=中国総領事館

中国の駐札幌総領事館は30日、釧路市の海岸で見つかった女性の遺体はDNA鑑定の結果、7月下旬から行方不明になっていた福建省出身の危秋潔さんのものと判明したと発表した。

危さんは7月22日に函館空港で日本に入国。25日の便で帰国する予定だったが、22日朝に宿泊していた札幌市内のゲストハウスを出てから連絡が取れなくなっていた。その後の足取りについてはわずかな断片的情報しかなく、警察が行方を捜していた。

27日午前5時50分ごろ、釧路市の海岸に女性の遺体が打ち上げられているのを近くの男性が見つけ、釧路署に通報した。

中国の駐札幌総領事館は30日、同日正午に札幌南警察署から、女性の遺体のDNA鑑定を行った結果、危さんの遺体と判明したとの連絡を受けたと発表した。危さんの家族にはすでに連絡しており、同館の孫振勇総領事が釧路に向かい、(日本側当局と)協力して事後処理にあたるとした。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
海道を旅行中に失踪の中国人女性、SNSに「日本人は考えられないほど親切」の書き込み

中国人女性、危秋潔さんの失踪・・・1カ月たっても手掛かりなし、総領事館も「情報なし」繰り返す


社会

Posted by 如月隼人