路面をのたくり火を噴く高圧線・・・11万ボルト送電の5本が断裂、原因は「雨風」か=安徽

中国メディアの看看新聞は24日、安徽省滁州市で最近になり、11万ボルトの高圧電線5本が切れる事故があったと報じた。電線は歩道と車道にのたくるように落下し、路面との接触部分から火が噴き出た。

 

高圧線は突然切れて落下した。路面と接触したとたんに火花が飛び散った。その後も大きな炎を噴出し続けた。雨が降って路面が濡れており、周囲には煙と湯気がたなびいた。

現場は自動車も通行人も多く、出動した警察官が道路を封鎖した。約20分後に電力部門が送電を止めたため、出火は収まった。現地では大雨が降っており、風も強かった。高圧電線が断裂した原因については、気象条件が直接にかかわっていると見られている。(編集担当:如月隼人)

【関連】
保証期間すぎたとたんマンションのガラスが次々爆裂、開発会社「世界は『爆』に満ちている」

地下鉄構内「恐怖の落とし穴」・・・エスカレーター手前の床陥没、女性転落=広東