トランプ大統領が北朝鮮外相の演説に激怒「チビのロケットマン」「奴らはもはやこの世にいられない」

トランプ米大統領は日本時間24日午前、ツイートに「それがチビのロケットマンの考えを反映したものか」「奴らはもはや、この世にいられない」と書き込んだ。北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が現地時間23日午後(日本時間24日未明)にニューヨークで行われた国連総会の一般討論演説に猛反発した。

李外相は演説で「米国全土に我々のロケットを打ち込むことがますます避られなくなるという撤回できない過ちを犯した」と警告した。さらにトランプ氏が19日の演説で金正恩(キム・ジョンウン)委員長を「ロケットマン」とたとえたことが侮辱だと猛反発した。

トランプ大統領はツイッターの個人アカウントに、「北朝鮮外相のニューヨークにおける演説を聞いた。もし演説がチビのロケットマンの考えを反映しているならば、奴らはもはや、この世にはいられない」と書き込んだ。

 

トランプ大統領の書き込みは、軍事行動を決意したとも受け止められない内容だ。(編集担当:如月隼人)

【関連】
トランプ米大統領の「北朝鮮を完全壊滅」の国連演説、中国では一部メディアだけが批判

北朝鮮メディア「金正恩暗殺計画あった」と報道 米韓の陰謀と激烈非難