高速道路でトラブル…乗用車2台の運転手が車降りて殴り合い、渋滞さらに悪化=重慶

重慶市の内環高速道路で2日、乗用車2台の運転手が車から路上で殴り合いをしたことがわかった。国慶節(建国記念日)の連休2日目で、渋滞していた。前後に続いて走行していた2台の運転手が、互いに走行の仕方に不満を持ったと見られている。中国メディアの看看新聞などが伝えた。

現場に居合わせた別の自動車に乗っていた女性は、後方の乗用車の運転手が、前方の乗用車に、もっと前に進むように促したのかもしれないと述べた。しかし前方の乗用車は速度を落としてさらにノロノロ運転をし、さらに発進したり停止したりした。

次に前方の乗用車は少しばかり前進した後に、突然停止して動かなくなってしまった。すると後方の乗用車から運転手が飛び降りて、前方の乗用車に駆けよって車体を蹴飛ばした。

前方の乗用車からも運転手が飛び出した。2人は言い争いを始めたが、すぐに殴り合いになった。

取っ組み合いは数分間続いた。周囲の車から見かねた人が降りてやってきて、双方を引き離した。

目撃者の女性によると、ただでさえノロノロとしか車が進んでいなかったのに、2人が車を停めて乱闘を始めたので、渋滞がさらにひどくなったという。

重慶市交通警察は、「高速道路上でこのような乱闘が発生するのは非常に珍しい。実に危険な行為だ」と説明。乱闘発生時に警察への通報がなかったので詳細はまだ把握していないとした上で、(監視カメラ映像などを用いて)車両と運転者を特定し、厳罰に処す考えを明らかにした。(編集担当:如月隼人)

 

 

【関連】
ガソリンスタンドで客の男性が喫煙…消すよう言われても無視、店員が消火器浴びせる=中国メディア

乗客乗せた高速バスと大型トラックがバトル、激怒した運転手がボトル投げつけ車体ぶつける