雑感:電気自動車について…素人ながら考える、充電に時間をかける必要はないのでは?

電気自動車についての話題が、しばしば報じられています。何でも、日本がハイブリッド車を懸命に開発・販売している間に、先進国の主流は「電気自動車を!」になって、日本の自動車メーカーは大苦戦する可能性もあるとか。

ちなみに、中国も電気自動車の普及にとても熱心です。時々、爆発していますが。残念なことに、「電気バス電池爆発」で、「バス、ガス爆発」ほどには優秀な早口言葉にならない。

そこで考えたのですが、電気自動車の充電スタンドやら自宅やらで、電気自動車への充電をする必要はあるのでしょうか。要するに電池でしょ。交換すればよい。もちろん、規格を統一する必要はありますよ。でも、そこらにある乾電池も、単一とか単二とか単三とかに統一されている。

自動車だって、国内外の主要メーカーが、まずは形状と電圧なんかで統一基準をつくってしまう。まさか使い捨てにするわけにはいかないから、「電池交換ステーション」を設ける。ステーション充電しておいて、電池切れ寸前になった自動車はステーションで充電済み電池と交換すればよい。

 

乾電池よりもずいぶん大きな電池なので、交換作業のための機械が必要かもしれませんが、開発はそう難しいとは思えない。交換作業が機械化できれば今やっている給油と同程度の時間でできるのではないかな。

最大の問題は、交換してくれる電池が規格に合致したもので、基準通りに充電されているかどうか。要するに商行為における信用の確保かな。日本だったらできるのではないかな。欧米先進国でも可能だと思う。中国は問題ありかも。偽電池の横行で爆発続出とか、充電不足の電池に交換して、走れるはずの距離を走れずに電池切れ続発とか。それはそれで、記事のネタになるかも。