わが国の宇宙開発は2020年にEUを追い越し45年には米国に比肩=中国

宇宙開発を手掛ける中国の国有企業、中国航天科技集団の雷凡培董事長(会長)は北京市内で18日、2020年までに衛星など宇宙関連機器の打ち上げ回数を年間30回程度にして、軌道上に存在する機器を200基以上にすると述べた。雷会長は同時点で中国はEUを抜いて、世界の「宇宙強国」のレベルに達すると述べた。

雷会長は中国航天科技集団の共産党組織書記でもあり、自らも出席する18日に始まった中国共産党第19期全国代表大会に関連して取材を受けた。

雷会長は、中国の宇宙関連技術の30%はすでに国際的に一流のレベルに達していると説明。2030年には同比率を60%に引き上げ、ロシアを抜いて「世界の宇宙強国」の先頭集団入りする。さらに45年には、技術における重要分野でも米国と肩を並べて、「世界の宇宙強国」に全面的に到達するとした。

雷会長は今後の計画について、宇宙ステーションの軌道投入、月面からのサンプルリターン、火星への軟着陸、衛星測位システムと高精度リモートセンシングステムの建設、打ち上げ用大型ロケットの開発などを挙げた。

中国はすでに実用、軍事、科学探査の各種衛星、さらに国威発揚の意味合いも強い有人宇宙船の打ち上げを盛んに行っている。雷会長は中国の現状について「宇宙大国の列にすでに入ったが、宇宙強国とは言えない」と説明。技術面における米国やロシアとの差はまだあると認めた。(編集担当:如月隼人)

【関連】
長征5号の打ち上げ失敗、月探査計画などに影響出る可能性も=中国

元ロケット技術者の張慶偉氏が黒龍江省トップに、秋の共産党大会で中国最高指導層入りも


Posted by 如月隼人