高速道路SAに女性専用駐車スペース、家事での負担や事故や犯罪の被害防止を意図=中国・杭州

中国メディアの新浪網などによると、浙江省の杭州建徳高速道路のサービスエリア(SA)に5日、女性ドライバー専用の停車スペースが設けられた。高齢者や幼児を乗せて自動車で移動することが多いことや、安全確保を意図したという。
 
女性ドライバーの駐車スペースは、ピンク色の塗装で表示。ハイヒールの絵も描かれている。女性は高齢者や幼児を乗せて自動車で移動することが多いことを考慮して、一般の駐車スペースより広めに設定した。さらに安全確保を目的にエリア内建物に近い場所に設け、照明や監視カメラも配置した。
 
女性にとって高齢者の世話や育児といった家事の負担が大きいことや、事故だけでなく事件に巻き込まれる可能性が高いことを考慮した取り組みと言える。
 
同高速道路では、身体障害者専用の駐車スペースも設けられた。さらにペットを放せるスペースや冷水飲み場も設けるなどで、利便性に配慮した運営をしている。(編集担当:如月隼人)

【関連】

中国でも#Metooの動き広がる、1日には大学教授のセクハラ行為をかつての教え子が告発

華報道官の「聞き間違えで破顔一笑」が中国でも評判に…「日本人の英語だから」の声も


社会

Posted by 如月隼人