台湾を独立国扱いにして謝罪したマリオット・ホテル、今度は台南市などを「日本の都市」扱い

中国メディアの観察者は19日、国際的ホテル・チェーンのマリオットの予約受付サイトで、台中市、台南市、台東県などが「日本の都市」として扱われていたとする記事を発表した。マリオットは予約サイトやアプリで台湾やチベットを独立国扱いしていたことで中国当局から是正命令を受け、謝罪文も発表していた。
 
マリオットは台湾やチベットを独立国扱いしたことを謝罪し、中国語サイトの一時閉鎖、関連作業の外注先との解約、関係した職員の解雇などを行ったと発表していた。
 
マリオットの公式サイトは20日現在も閉鎖中。観察者によると、英文サイトに台湾の都市である「台中」と打ち込むと「台中市, Japan」と表示される。地図表示は東京のものだ。
 
同問題についてネットユーザーからは「もう、何といってよいかわからんな。マリオットはそのまま爆発してしまうように」「もう純粋に、脳に穴が開いているのだろう」などのコメントが寄せられている。しかし、怒りを示すというより呆れている雰囲気で、「泣き笑いの顔」を添えたユーザーもいる。

【関連】

中国報道官「わが国で活動する外国企業は台湾などが中国であることを認めよ。国際的常識だ」

八甲田山の樹氷に落書き…台湾メディア「中国語は中国宇の簡体字」、中国人「台湾人か日本人だ!」