大学病院で医療用酸素ボンベが爆発、医療スタッフと患者が負傷=湖南

湖南省長沙市にある中南大学湘雅医院(病院)で24日午前10時50分、医療用の酸素ボンベが爆発した。同爆発で患者1人、医師1人、看護スタッフ3人の計5人が負傷した。中国メディアの澎湃新聞が伝えた。
 
詳細は不明。病院はただちに負傷者の治療などを行った。湘雅医院は1906年創設で中央政府直属の名門病院。(編集担当:如月隼人)

【関連】

病院で塩酸50kg入り容器が爆発―吹き出す白煙、立ち込める刺激臭=湖北・天門市

偽物の電池は噛んでみれば分かる…試してみたらいきなり爆発=中国