中国政治協商会議から毛沢東の孫など「革命一族」を大量排除…習近平氏の権威づけのためか

24日に発表されて中国人民政治協商会議の新たな名簿から、毛沢東の孫である毛新宇氏など「革命一族」の名が大量に消えた。習近平国家主席の権威づけなどが目的との見方が出ている。
 
中国では、共産党の高級幹部の子や孫が、高い地位を得ることが一般的だ。政界進出だけでなく、実業界で巨額の利益を得ている者もいる。中国人民政治協商会議(政協)の委員(議員)の地位を得た「革命一族」も多い。
 
政協は政府に対する提言機関で、立法権はないが影響力はかなり大きい。委員は社会的にも尊重される存在だ。委員の任期は5年間。24日には2013年3月に選ばれた第12期委員に代わる第13期委員名簿が発表されたが、第12期委員を務めた「革命一族」の名が含まれなかったことが注目された。
 
「革命一族」は著名な政治家・軍人の家系であるので、発言が注目される場合が多い。政協委員の場合は、政治における公式な地位があるのでなおさらだ。政府に対する提言機関である政協の委員という身分を持つため、政策に対する批判的な発言をすることも珍しくない。
 
そのため、政協から「革命一族」を大量に排除したことには、習近平国家主席の権威をさらに高める狙いがあるとの見方がある。「革命一族」は知名度や地位を利用して実業界に進出して巨額の利益を得る場合も珍しくない。習近平政権は「革命一族」の力を削ぐ方針との見方も出ている。
 
24日に発表された政協委員会名簿から氏名が消えた主な「革命一族」は以下の通り。(敬称略。関連人物の肩書は現役時代のもの)
 
毛新宇:毛沢東主席の孫息子
 
李小琳:李鵬首相の娘。李鵬首相は周恩来首相の養子
 
陳元:副首相を務め、中国共産党八大元老の1人された陳雲の息子。
 
李小林:李先念国家主席の娘
 
朱燕来:朱鎔基首相の娘
 
任克雷:共産党広東省委員会第一書記や遼寧省委員会第一書記を務めた任仲夷の息子
 
朱和平:中国人民解放軍の「建軍の父」などと呼ばれた朱徳元帥の孫息子
 
劉建:同上
 
万季飛:副首相などを務め、中国共産党八大元老の1人された万里の息子
 
江沢慧:江沢民国家主席(共産党総書記)の妹
 
呉志明:江沢民国家主席の甥
 
(編集担当:如月隼人)

【関連】

中国、そして日中を考える上での衝撃の1冊〜「『中国の悪夢』を習近平が準備する」

中国各省の共産党委員会「軍人常務委員」追加が急ピッチ、習近平政権の軍掌握が背景か