湖北省武漢市に「トマソン横断歩道」、防護柵乗り越え1mの段差飛び降りて利用

 
 
中国メディア・新浪網は1日、湖北省武漢市に「特殊な横断歩道」があると紹介した。利用するには歩道脇の防護柵を乗り越え、1メートル近くある段差を飛び降りねばならない。故赤瀬川原平氏らが提唱した「超芸術トマソン」に該当するのではないかと思われる。
記事によると、近隣住民のひとりは「いつも通るが、柵を乗り越えるのが不便なので、歩道と車道の段差があまりない部分から車道を歩いて横断歩道にたどり着いてから横断する。ここは自動車も歩行者も多いので、とても危険です」と説明したという。(編集担当:如月隼人)

【関連】

「中国で3D横断歩道が評判」で驚いていたら、それどころではなかった

わざと? まさか!…シンガポールのテレビ局、中国地図に「台湾国旗」をかぶせる