カナダ版「梁上の女君子」…天井板を突き破って落下しあえなく「御用」

 
「梁上の君子」という言葉がある。天井に差し渡した梁(はり)の上に潜んでいる者、つまり泥棒のことだ。カナダ・アルバータ州でコンビニエンス・ストアの屋根から落下した「梁上の女君子」が捕まった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女は盗んだクレジットカードで飲料を購入しようとしたが、レジの機械が受け付けなかった。女は何度か試みたが、いずれも警報音が鳴っただけだった。店員は怪しいと思い、警察に通報。その際、店員はわずかの間、その場を離れたようだ。
監視カメラに残っている映像を見ると、女はためらうことなく、カウンター内に侵入。壁にあった通風孔をよじ登って、天井に隠れようとしたという。
しかし数秒後、別のカメラには天井板が落下する様子が撮影されていた。続いて女が落下。特にけがをした様子はく、そのまま立ち上がって店を去ろうとしたが、駆けつけた警察官に逮捕された。女の連れの男も店に入ってきたが、やはり逮捕された。
女は盗んだクレジットカードを使おうとしたという。ふたりには、クレジットカード窃盗や逮捕に抵抗した刑事上の罪以外に、店の器物を損壊したことで民事上の責任も問われることになるという。(編集担当:如月隼人)

【関連】

「寝たばこ」同様危険な「寝スマホ」、眠りに落ちたら枕元で爆発=専門家「夏には特に御用心」―湖北省

雑記:なぜかPV復活の過去記事…スカート女性の悲劇、ビビアン・スーの夫、鼻から脳漿