台湾「閣僚」が訪米=対中問題の責任者、中国側は「慎重に」米国批判

↓ 掲載されました

台湾「閣僚」が訪米=対中問題の責任者、中国側は「慎重に」米国批判

…中国が外交で時おり示す「感情の爆発」にだまされてはならない。反応を冷静に計算している。やはりプロ。