中国どうする?…「米高官、中国の軍事的圧力に懸念 台湾との関係強化を」

 
と、こんなニュースが飛び込んできました。詳しくは本ページ下の【関連】のリンク先をご覧あれ。
中国にとって対米関係が実に微妙な時期。一番イヤなのが貿易問題。中国経済が目に見える損害を受けたのでは、共産党不信も顕在化しかねない。少なくとも習近平政権に対する不満が高まる。さらに言えば、政権にとって一番イヤなのは、庶民の不満よりも共産党上層部の対立勢力に、政権攻撃の口実を与えること。
かといって、台湾問題で弱腰にはなれない。ここまで目いっぱいの強気で来てしまったので、下手に譲歩すると不満が出る。最大の問題は権力闘争に影響がでること、というのは貿易問題と同じ構図。
米国との関係は「相手あること」なので、すべてを中国の思惑通りに進めることは無理。主張をひとつ通そうとしたら、他の部分で妥協も必要。習近平政権は、それがしにくい状況を作ってしまった。「これはまずい」とは気づいているようだが、軌道修正は至難。妥協できるとすれば、南シナ海問題? それだって、難しい。さあ、中国、どうする?

【関連】

米高官 中国の軍事的圧力に懸念 台湾との関係強化を

中国共産党に「何らかの動き」か…北京で習近平主席ポスターなど撤去、人民日報からも名前消える