1足で2度楽しめるファッションサンダル…2万円超で購入、雨の日に外出したら足にプリント

 
浙江省メディアの現代金報は28日、1400元(約2万2800円)で購入したファッションサンダルを雨の日に穿いたところ、足に「くっきり」としたプリントができてしまったという女性の話題を紹介した。
サンダルを買ったのは昨年(2017年)6月だった。ショーケースで見かけ、値引き価格と表示されていたこともあり、1400元は「とても安い」と思って買ったという。
購入以降、数回は穿いて外出した。足に色が移っていることに気づいたが、それほどひどくはなかったので、気にはしなかった。店に抗議するのも面倒だと思っていたという。
今年になり、7月23日にも穿いて出かけた。夕方になって大雨となった。帰り道では足も濡らしてしまった。驚いたのは、家についてサンダルを脱いだ時だ。足にくっきりと「横縞」がプリントされていた。
購入した商店に抗議した。店側は、扱いについて3日以内に回答するとしたが、取材に対しては「靴類の保障期間は4カ月」「そもそも防水ではなく、大雨で濡れれば、そうなる」などと説明し、補償などについては消極的な態度という。
現代金報は同サンダルについて「買一送一(1品お買い上げで、もう1品を進呈)」と評した。(編集担当:如月隼人)

【関連】

婚礼の宴で6人が「奈落」に沈む=床に突然大穴、円卓ごと転落―河北省

買ったスイカから大量の泡が噴出、「薬品を注入か」と不安が広がる―中国


Posted by 如月隼人