雑記:おおおおおっ! 私が翻訳した本が売り上げランキング第4位に入っているではないか!!

おおおおおっ! 私が翻訳した本が8月の売り上げランキング第4位に入っているではないか!! 『中国の「赤い白酒」―茅台酒の奇跡』です。
 

8月の月間売り上げランキング

内山書店と言えば、知る人ぞ知る。いや、もとい。中国語学習者や中国と関係のある人なら、知っていなければおかしい専門店。その書店の売り上げランキングに入るとは、実にありがたいことです。
この本の翻訳(私がすべてを担当したわけではありませんが)、結構苦労しました。古典の引用あるわ、伝統的な酒づくりの専門用語あるわ、最新のビジネス用語やIT用語があるわで、大変でした。
作業を続けている時には、どのぐらいの定価になるのか、と考えていました。なんと2000円。ある意味で特殊分野かなと思い、もっと高いと想像していました。ううむ。2000円とは思わなかったなあ。
内容が豊富であることも本書の特徴。中国の酒文化の歴史、「酒」を通してのぞいた中国文化の特徴、中国における「匠の技と匠の精神」、伝統文化と現代社会・現代技術のバランスと共存などなどです。中国と言えばとかくパクリや粗悪品、さらにおまぬけな事態が目立ちますが、「やはり、懐が深い」とうならざるをえない内容が続きます。
多くの人に手に取っていただきたい一冊です。