日本人科学者が「技あり!」の大発見…市販の望遠鏡で太陽系最果ての微小サイズ天体を観測

 
これはすごい。国立天文台の発表とNHKの報道から、ポイントを抜粋します。
 
・口径28cmの市販望遠鏡を使用して、太陽系外縁部(海王星の外側)の直径約1.3kmの微小天体の存在を確認。
・同天体はすばる望遠鏡でも直接の観測が不能。ちなみにすばる望遠鏡の建設費は約400億円。今回の発見に要した予算は350万円。
・同じく太陽系外縁部の小天体の発見を目指す国際プロジェクトと比較しても、開発費は約300分の1。
・太陽系外縁部は、太陽系が形成された当初の小天体が存在すると考えられている。今回の発見で、同じ程度のサイズの天体数は、これまでの観測による推定よりも100倍ほど多いと推定できることが分かった。太陽系の成り立ちに、さらに一歩迫ることができる成果。
・研究の中心になったのは、国立天文台元研究員である有松亘(ありまつ こう)氏。現在は京都大学に所属。研究に加わったのは国立天文台、京都大学、東北大学、神戸大学、京都産業大学の日本人研究者計10人。