わが国は早期警戒機開発で「専門家多数が犠牲」になる猛努力、機種数は米国を抜き機数は世界第2位―中