台風13号が北朝鮮・平壌を直撃、国土全体に被害の可能性

台風13号は7日午後3時から4時にかけて、北朝鮮のピョンヤンを直撃したもよう。
 
気象庁(日本)の同日午後4時の発表によると、台風13号は午後3時時点で「強い台風」であり、中心付近の最大風速は秒速35メートル、最大風速は50メートル。25m/sの暴風域は170キロメートル。
 
台風13号は8日午前3時ごろまでに、北朝鮮を南東から北西に横切る形で通過する。同台風の被害が、北朝鮮の食糧生産に大きく影響する可能性も否定できない。(編集担当:如月隼人)


社会

Posted by 如月隼人