東アジア今日は何の日:9月12日~香港ディズニーランドが開園(2005年)

2005年9月12日、香港ディズニーランドが開園した。香港は米国、日本、フランスに続き、世界で4番名に「ディズニーランド」が開設された国/地域になった。
 
世界で初めて開業したディズニーランド米国カリフォルニア州アナハイムに建設されたディズニーランドで、開園は1955年だった。米国ではフロリダ州オーランドで1971年、ウォルト・ディズニー・ワールドが開園した。同園はその後も施設を追加し、現在はウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートとして世界最大級のリゾート施設に成長した。
 
1983年7月には、米国国外初の常設ディズニー・テーマパークである東京ディズニーランドが開園した。2001年4月には、東京ディズニーランドに近接する東京ディズニーシーも開園。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは双方を合わせて東京ディズニーリゾートとして運営されている。
 
一方、フランスでは1992年4月、欧州初のディズニーランドであるディズニーランド・パリが開業した。
 
香港ディズニーランドの建設が発表されたのは1999年11月だった。2005年になると、2月15日には香港ディズニーランド・ホテルが予約開始、6月16日には香港国際空港内でディズニーストアーが開業、8月1日には、欣澳駅から迪士尼(ディズニー)駅までを結ぶ香港鉄路 (MTR)のディズニーランド線が開業するなどの動きが続いた。
 
9月12日には香港ディズニーランドがグランドオープン、周辺施設と合わせた「香港ディズニーランド・リゾート」としての営業が始まった。
 
しかし、香港ディズニーランドの営業が順調であるわけではない。開園初年の国慶節連休に香港ディズニーリゾートを訪れた客は42万人で、香港旅行業界予想の70万人、香港政府予想の50万人を大きく下回った。
 
2018年について言えば、赤字額は前年の3億4500万香港ドルから大きく縮小して5400万香港ドルになったが、黒字転換は果たせなかった。入場者は前年比50万人増の延べ670万人だった。同園の課題として指摘されているのが「国際化」が実現できていないことだ。18年については日本人客が前年比44%増、韓国人客が同34%増、フィリピン人客が12%増だったが、外国人客は来客全体の26%に留まった。中国大陸部からの客は34%、香港人客は40%だった。
 
香港ディズニーランドでは、当初から「狭さ」を懸念する声があった。東京ディズニーリゾートと2016年開業の上海ディズニーランドの面積はいずれも約100ヘクタール(パーク部分のみ)で、上海ディズニーランドには大規模拡張の計画がある。香港ディズニーランドの面積は35ヘクタールにすぎず、世界のディズニーランドの中でも最小だ。
 
個別のアトラクションでは世界の他のディズニーランドの施設と比べて最大規模のものもあるが、全体として規模が小さいことははやり不利だ。これまで何度か拡張計画が発表されたが、実現には至っていない。
 
【2005年のその他の出来事】
・ジョージ・W・ブッシュが米国大統領に就任(2期目)(1月)
・中部国際空港が開港(2月)
・愛知万博が開催(3~9月)
・尖閣問題原因で中国で反日デモ・暴動が多発(4月~)
・兵庫県尼崎市内のJR福知山線で脱線事故、死者107人(4月)
・マイケル・ジャクソンの性的虐待疑惑裁判で無罪判決(6月)
・ロンドンで同時爆破事件、死者55人(7月)
・香港ディズニーランドが開園(9月)
・ドイツでメルケル首相が就任、女性及び東独出身者として同国初(11月)
(編集担当:如月隼人)