【米国に渡った高砂義勇隊の日章旗、70数年ぶり「台湾に帰郷」】

 

米国に渡った高砂義勇隊の日章旗、70数年ぶり「台湾に帰郷」

 

・太平洋戦争時に米兵が戦場から持ち帰った

・持ち主は花蓮県富世村出身のタロコ族男性で、ニューギニアで戦死と判明

・旗には「祈武運長久」「オ父サン元気デ」などの寄せ書き