新型肺炎:中国政府2/3の発表(全訳)…24時間内の感染確認は依然増加し2825人に

・24時間内の感染確認は前日比9%増で増加率は前日より14ポイント低下

・新規重症者が減少した半面、死亡は増加

・重症化の割合は前日同様に10%を超える水準

 

発表全文の日本語は以下の通り

-----–

2月2日午前0時から3日午前0時の間に全国31省(自治区、中央直轄市)と新疆生産建設兵団から、新たに増えた感染確認として2829例(湖北省2103例)の報告を受けた。新たに増えた重症例は186例(湖北省が139例)で、新たに発生した死亡例は57例(湖北省56例、重慶市1例)。治癒して退院をした病例は147例(湖北省80例)で、新たに増えた感染疑いは5173例(湖北省3260例)。

 

2月3日午前0時までに、国家衛生健康委員会は31省(自治区、中央直轄市)と新疆生産建設兵団から、累計1万7205例の感染確認の報告を受けた(審査の結果、北京市では3例、江西省では1例が感染確認を取り消し)。現在の重症例は2296例で、死亡は累計で361例。治癒して病院を退院したのは475例で、疑い例は計2万1558例。

 

現在までに(感染者との)密接な接触者として追跡を受けた者は累計18万9583人で、当日中に医学的観察を解除されたのは1万55人。合計15万2700人が医学的な観察下にある。

 

香港・マカオ・台湾地区で感染が確認されたのは33例。香港特別行政区が15例、マカオ特別行政区が8例、台湾地区が10例。

 

(編集担当:如月隼人)