中国の「都市封鎖」が34カ所に(一覧)…杭州、南京、福州、ハルビンなど=新型肺炎

台湾メディアの自由新報のまとめによると、新型コロナウイルスによる肺炎の流行により実施された中国の「都市封鎖」は34カ所に達した。4日には浙江省杭州市、江蘇省南京市、福建省福州市や黒龍江ハルビン市などの省都の封鎖も急増した。封鎖された都市や地域の一覧は以下の通り。

 

1月23日:

湖北省 武漢市、鄂州市、仙桃市、枝江市、潜江市、天門市

 

1月24日:

湖北省 黄岡市、咸寧市、赤壁市、孝感市、黄石市、荊門市、宜昌市、恩施市、當陽市、十堰市

 

1月25日:

湖北省 隨州市

重慶市 万州区、梁平区

 

1月31日:

雲南省 昆明市

寧夏回族自治区 呉忠市、銀川市

 

2月2日:

浙江省 温州市

 

2月4日:

浙江省 杭州市、楽清市、寧波市

河南省 鄭州市、駐馬店市

山東省 臨沂市

黑龍江省 ハルビン市

江蘇省 南京市、徐州市、南通市

福建省 福州市

江西省 景徳鎮市

 

なお、中国で「市」とされる行政区画には省と同格の「中央直轄市」、省のすぐ下に置かれる「地級市」、地級市の下に置かれる「県級市」がある。上記一覧には、地級市と県級市、さらに中央直轄市である重慶市の下の「区」が混在している。

 

(編集担当:如月隼人)

 


社会

Posted by 如月隼人