新型肺炎の死亡率、日本は「かなり低い」だが「とびきり低い」ではない

新型コロナウイルスの感染者や、死者が全世界で増加している。人々が強い関心を持つ大きな理由が「感染・発症すれば死に至る可能性が、一定程度以上ある」ことだろう。そこで、国別の死亡率を調べてみた。死亡率をどこまで抑えられるかは、その国/地域の医療体制と水準、ひいては民政分野での総合国力に関係すると言ってよいだろう。

国/地域別にみると、いわゆる先進国の死亡率が低いわけでないことが分かる。WHOが4月11日に発表した欧州中央時間10日午前10時までのまとめによれば、世界で最も死亡率が高いのはフランスの14.3%だった。イタリアは12.7%、英国は12.3%だ。

日本の場合、死亡率は1.6%で、かなり低く抑えられていると言える。ただし、日本よりも多くの感染者を出しながら、オーストラリアやイスラエルは死亡率を0.8%に抑えている。もしかしたら、日本は今からでもこのような国から学べることがあるかもしれない。

なお、本稿で言う「死亡率」とは、死亡病例数を感染確認病例数で割ったもの(致死率)だ。また、感染者が1000人以上に達した国について調べた。表には国名、累計感染病例数、死亡率の順で掲載した。

フランス    8万5351    14.3%
アルジェリア    1666    14.1%
イタリア    14万3626    12.7%
英国    65081    12.3%
オランダ    21762    11.0%
ベルギー    24983    10.1%
スペイン    1万52446    10.0%
インドネシア    3512    8.7%
スウェーデン    9141    8.7%
モロッコ    1377    7.0%
エジプト    1699    6.9%
ハンガリー    1190    6.5%
イラン    6万6220    6.2%
イラク    1232    5.6%
エクアドル    4965    5.5%
メキシコ    3181    5.5%
ドミニカ共和国    2349    5.0%
ブラジル    1万5927    5.0%
フィリピン    4076    5.0%
ルーマニア    5202    4.4%
ギリシャ    1955    4.4%
デンマーク    5635    4.2%
中国    8万3305    4.0%
スロベニア    1124    3.8%
アルゼンチン     1795    3.7%
アイルランド    7393    3.6%
米国    42万5889    3.4%
スイス    23495    3.2%
ウクライナ    2203    3.1%
ポーランド    5575    3.1%
インド    6412    3.1%
ポルトガル    1万3956    2.9%
ペルー    4342    2.8%
コロンビア    2054    2.7%
パナマ    2528    2.5%
カナダ    19759    2.3%
セルビア    2867    2.3%
モルドバ    1289    2.2%
オーストリア    13248    2.2%
トルコ    42282    2.1%
ドイツ    1万13525    2.1%
チェコ    5569    2.0%
韓国    1万450    2.0%
エストニア    1207    2.0%
ルクセンブルク    3115    1.7%
日本    5347    1.6%
フィンランド    2605    1.6%
マレーシア    4228    1.6%
パキスタン    4601    1.4%
ノルウェイ    6160    1.4%
クロアチア    1407    1.4%
サウジアラビア    3287    1.3%
タイ    2473    1.3%
ベラルーシ    1066    1.2%
チリ    5972    1.0%
南アフリカ    1934    0.9%
オーストラリア    6152    0.8%
イスラエル    9755    0.8%
ロシア連邦    1万1917    0.8%
アラブ首長国連邦(UAE)    2990    0.5%
シンガポール    1910    0.4%
アイスランド    1648    0.4%
カタール    2376    0.3%
ニュージーランド    1015    0.1%

(編集担当:如月隼人)