うなるエンジン、砕け散る窓 バス2台が乗客乗せたまま車体ぶつけるバトル=天津

 エンジンがうなった。相手のバスに突っ込んだ。衝撃。立っていた乗客はなぎ倒された。砕け散った窓ガラスが、車内に降り注いだ。天津市メディアの毎日新報などによると同市内で29日、路線バス2台の運転士が口論になり、乗客を乗せたまま相手の車体にぶつける“バトル”になった。

 

 “バトル”が発生したのは、29日午後4時ごろ。最初はバス2台の運転士が赤信号を前に、停車位置を争って、互いに相手をののしり始めた。信号が青に変わって発車した。しかし運転士同士の怒鳴り合いは続いた。周囲の交通量は、それほど多くなかったという。

 

 運転士に「もう、やめなさいよ」との声をかける乗客も出はじめた。しかし運転士2人はバスを前進させながら、口汚いののしり合いを続けた。すると片方のバスが急に進路を変え、加速して相手バスの側面に突っ込んだ。乗客によると「相当なスピードでした」という。

 

 大音響。そして衝撃。窓ガラスが割れ、車内に飛び散った。立っていた乗客はなぎ倒された。乗客の悲鳴が耳につんざく。倒れた乗客が床の上に折り重なった。

やがてバスは、2台とも停まった。乗客は次々に降りたが、地面にへたりこんだまま、なかなか動けない人もいたという。

 

 バス2台は、同じ会社に所属していた。会社側は運転士2人を職務からはずした。事件の経緯を改めて調査し、厳重な処分を科す考えという。警察の反応は伝えられていない。

同事件で、多くの乗客がガラス片などでけがをしたが、重傷者は伝えられていない。

写真は同記事を転載した新浪網のページより。(編集担当:如月隼人)

 

関連:・ブルドーザー多数が街頭で「真昼の決闘」 加速・体当たして相手倒しあう乱戦=中国

参考:・天津两辆公交车斗气当街互撞 多名乘客受伤(图)(中国語)