北朝鮮・金正恩氏「全世界の非核化に努力」 中国ネット民「城壁よりも厚い面の皮」

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は7日、前日の6日から行われている同国労働党代表大会で、自国が今後も核武装に力を入れると同時に、「責任ある核保有国として世界の非核化のため努力する」などと述べた。中国で同発言が報道されると、ネット民からは「城壁よりも厚い面の皮」などのコメントが寄せられた。

 

 ネットメディアの環球網に寄せられたコメントで「いいね」が最も多いのは「戦略眼がある。全世界が非核化したら、朝鮮(北朝鮮)も自然に核兵器を放棄することになる」とのコメントだ。

やや持って回った言い方だが、「全世界が核兵器を放棄するまで北朝鮮は放棄しない」、つまり「北朝鮮は核兵器を放棄する意思がないことを、きれいな言葉で表明しただけ」との批判だ。

 

 次に「いいね」が多いのは、北朝鮮の力で世界が核兵器全面禁止したら、金正恩は「第一の功臣」とした上で「もし、アンタが核という鋭利な牙を用いて人類を噛み殺したら、アンタは核兵器で庶民を殺した最初の狂犬だ」との書き込みだ。

 

 広島や長崎への原爆投下を失念しているとの問題はあるが、「北朝鮮の狂気」が念頭にあるコメントと理解できる。

 

 次に「いいね」が多い書き込みは冒頭から「黒を白と言いくるめる。面の皮の厚さは城壁なみ。知性は小学校卒業生」と非難。全世界から核兵器の材料を売ってもらえなくなっても「口では核兵器を作ると言うのか?」と論じ、さらに「石油が(売ってもらえ)なくなっても大ぼらを吹くのか」などと非難を続け、金正恩第1書記が「第2のフセイン、第3のカダフィになる」と主張した。

 

 中国メディアには今のところ、金第1書記の「責任ある核保有国として世界の非核化のため努力する」との発言を批判する論調は見当たらない。しかし中国ネット民の反応には、北朝鮮に対する嫌悪感が目立つ状態だ。(編集担当:如月隼人)

関連:
北朝鮮・金正恩第1書記「責任ある核保有国として世界の非核化のため努力する」

参考:
金正恩说朝鲜将致力于世界无核化(中国語)