中国メディアがバス車内での「典型的マナー違反」紹介 放屁・ニラ類を食べる・大小便など

 中国ではバスや地下鉄車内での「マナー違反の実例」がしばしば報じられている。大半の人は「最低限のマナーは守りべき」と考え、実践しているが、違反事例が後を絶たないのが現状だ。

 

 子どもに大小便をさせる保護者がいることも問題視されているが、10日には雲南省昆明市内を運行するバス車内で成人男性が用便したと報じられた。同件を伝えた現地メディアの昆明信息港の書き方からは、「さすがに呆れた」という雰囲気が伝わってくる。

 

 同記事は補足説明として、調べにより市民が共通に認識する「三大車厢内不文明行為(車内での三大非文明行為)」を紹介した。

 

 1番目として「放屁をしたりシャワーを浴びていないために異臭を発散すること」、2番目には「車内でニラ料理や臭豆腐(豆腐発酵食品のひとつ)などを食べること」、3番目には「保護者が車内で子どもに大小便をさせること」を挙げた。

 

 中国でバスや地下鉄に乗車する際、悪臭に悩まされることが多いことを反映する「マナー違反」の指摘となった。

 

 **********

 

◆解説◆
 中国語と日本語では「文明」、「文化」という語の使われ方が、やや異なる。中国語の「文明」、「文化」は、日本語と同様の意味でも使われるが、「文明」は「マナー」を指す場合が多い。「不文明行為(ブー・ウェンミン・シンウェイ)」で「非文明的行為」、つまり「マナー違反の行為」となる。「文化」は学歴を指す場合がある。「文化水平(ウェンホア・シュイピン)」は「最終学歴」だ。(編集担当:如月隼人)

関連:ラッシュ時のバスで大便、当人は秒殺で下車 残された乗客は気持ち悪さと悪臭に懊悩=中国・雲南

参考:男子清早公交车上解大手 一车乘客一路捂鼻强忍(中国語)


社会

Posted by 如月隼人