雑感:どうも時間がかかるなあ

このところ、記事1本を書くのに、どうも時間がかかりすぎるなあ。

 

記事を書く時間にかなり制限があるので、さくさくっと書いて本数で勝負しようと思ったのですが、どうも時間がかかる。「これは書きたい」と思ったネタから、かなり厳選せねばなりませんからね。それで、書く段階になっていろいろ考えすぎて、時間がかかるのかもしれない。

 

これは以前からですが、選ぶテーマにははっきりとした基準があります。現地の「空気」が伝わって来る話題です。たとえば先ほどの<結婚前に彼氏の写真を整理、16年前の1枚に「私のお母さんが写っている!」=中国 >です。

 

はっきり言って、どってことのない話題です。そういう偶然もあるだろうという話。もちろん、ご本人にすれば、相手との「縁」を改めて感じることのできた、「貴重でありがたい偶然」でしょうけど。

 

ただ、こういうことを驚き喜ぶ中国人の心情を日本の皆さんに伝えることは「どこの国の人も、同じような気持ちになるんだなあ」と改めて感じていただくことで、記事にする意義はあると思うのです。

 

もっともこの記事の場合、文章化する技術の確認としても使ったので、その分、時間がかかったのかもしれない。実は、細かい仕掛けをいろいろと施しています(成功したかどうかは、別の話ですよ)。

 

さて、本日はやらねばならないことが多いのですが、まだ何本かは書けるはずです。それでは、作業もろもろを続けます(この文章にも、結構時間を費やしてしまった)。