若い女性がビル屋上から飛び降り図る 助けようとした自警団の男性が誤って転落・死亡=中国

 陝西省西安市郊外の南康村で4日深夜、自警団メンバーの男性1人が6階建てビルの屋上から転落して死亡した。男性は、ビル屋上に登り「生きていたくない。死ぬ」などと叫び続けた女性を救おうとして、誤って足を滑らせたという。

 

 死亡したのは牛長安さん(37歳)。牛さんは2カ月ほど前に、地元住民が組織した自警団のメンバーになった。深夜から未明にかけての見回りを担当していたという。

 

 牛さんは4日午後10時ごろ、見回りの記録用ノートにサインして、他の団員と共に出発した。約1時間後に住民から、若い女性が6階建てビルの屋上に登り、飛び降りようとしているとの通報を受けた。

 

 牛さんは他の団員6人とともに現場に急行した。女性は十代に見えた。後になり19歳と分かったという。相当に興奮しており、集まった人に対して「生きていたくない。死ぬ」などと叫び続けていた。

 

 自警団員らは対策を相談したが、事態は極めて緊迫しており、警察や消防の到着を待っていたのでは、取返しのつかない事態になるとの考えで一致した。そのために、まずは自分らで救おうと決めた。

 

 7人の隊員全員が屋上に登った。3人が女性に話しかけ、落ち着かせようとした。残りの4人は、すぐそばで待機した。女性が立っていたのは屋上のひさしの部分で、幅は50センチメートルほどしかなかった。

 

 牛さんは団員の中で最も若く、体力もあった。先頭に立って女性に話しかけながら、ゆっくりと近づいていった。その途中で踏み外して転落したという。

 

 少女はその後、駆け付けた警察に保護された。(編集担当:如月隼人)

 


Posted by 如月隼人