高速道路走行に「信用制度」導入 「ブラックリスト」入りなら乗り入れ禁止の方針=中国・西安

 陝西省メディアの華商報によると、同省の西安高速交通警察は高速道路の利用について「信用制度」を導入することを決めた。「ブラックリスト」入りした場合、高速道路への乗り入れを認めないこと方針だ。

 陝西省は交通法規についての「ブラックリスト」導入を決めた。悪質な違反や刑事責任を問うべき犯罪があった場合に適用する。

 

  同省西安市の高速交通警察は同制度を補完するために、「交通信用喪失のブラックリスト暫定規定」を導入する。同規定の特徴は、運転上の「違反行為」を「信用問題」と認識することだ。交通事故を起こして逃走することや、ナンバープレートの偽造、飲酒運転、違法ドラッグを使用しての運転などは、「重大な信用喪失」として、実名を公表する。

 

  速度制限違反や路肩走行などは「一般的な信用喪失」と位置づける。「一般的な信用喪失」でも、次の免許更新時までに3回繰り返した場合には「重大な信用喪失」と同じ扱いとする。

 

  西安市の交通警察高速大隊の汪小虎副隊長には、「一般的な信用喪失」でも、深刻な結果をもたらすことがあると説明。特に路肩走行は深刻な状況で、端午節(旧暦5月5日)にともなう6月9日から11日までの連休(12日は振替出勤日)では、路肩走行の例は確認されたものだけでも1200例あった。

 

  路肩走行は緊急車両の通行の妨げになるだけでなく、華商報によると、路肩走行が原因で発生した死亡事故もあるという。

 

  西安市交通警察は、「ブラックリスト」について、交通部門と積極的に提携する考えだ。ブラックリスト入りした運転免許保持者や車両に対する処罰として、高速道路乗り入れを拒否する方針という。

 

 同制度は7月1日に導入する。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
飲酒・ドラッグ服用など悪質なドライバーから運転免許を「生涯はく奪」=中国
高速道路上で「車震」 取り締まりへの言い訳「たった2分でした」に警察官「そんなに早かったのか?」
【参考】・严重交通失信或将禁止上高速(中国語)

 


社会

Posted by 如月隼人