上海・浦東空港でトランク爆発 台湾メディアが画像を報道

 台湾メディアの東網は12日、上海浦東国際空港で同日発生した爆発を写真記事で伝えた。  

 発生場所は、搭乗手続きのカウンター前だった、多くの人が順番を待っていた。トランクが爆発して、火球が四方八方に飛び散った。白煙が噴出した。近くにいた人々が一斉に逃げた。

 

 中国では新華社が午後3時(日本時間午後4時)ごろに上海浦東国際空港で、荷物の中にあった爆竹や花火が爆発したと伝え、負傷者が発生したが軽傷と報じた。

 

 東網は、爆発の発生時間を午後2時20分ごろとして、3人が負傷して2人は重傷と報じた。

中国のインターネットでは、「社会に恨みを持つ男が自爆を狙った」との情報も出ているという。ただし、真偽は確認されていない。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
中国軍の艦載ヘリ「Ka-27」、訓練中にエンジン爆発
上海・浦東空港ターミナルビルで爆発・・・旅客が持ち込もうとした爆竹

 

【参考】・滬浦東機場行李連環爆 火球四射釀三傷(中国語)