村の幹部、無言の帰宅 洪水で住民助けようとした姿勢のままの遺体で=中国・貴州

中国メディアの中国新聞社によると、貴州省・黎平県で10日に発生した大規模な水害で、行方不明になっていた5人の遺体が19日までに発見された。

 同県九潮村の幹部である共産党支部の劉善平書記は、取り残された住民を救おうと向かった姿のまま、遺体で発見された。

 

 黎平県が洪水に見舞われたのは10日未明だった。劉書記は、濁流の中に取り残された住民を救おうとして現場に駆け付けた。濁流の中に、2人が取り残されていた。

 

 劉書記は、自分の体にロープを巻き付けて、2人を救うために濁流の中に入った。その時、水かさが急にまして、劉書記も押し流されてしまったという。

 

  18日になり、現場から20メートル離れた場所で、土砂に埋もれていた劉書記の遺体が発見された。劉書記は、体にロープを巻き付けた姿のままで、見つかったという。中国深部者は「それでも、人を救おうとする姿勢のままだった」と紹介した。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
交通事故現場で警察官、負傷者の血や吐瀉物にかまわず人工呼吸「まだ体が温かい! 助けるんだ」=中国
若い女性がビル屋上から飛び降り図る 助けようとした自警団の男性が誤って転落・死亡=中国

【参考】・贵州黎平洪灾冲走村支书遗体找到 仍保持救人姿势 (中国語)